薬事委員会

1.委員会の構成

委員長
飯田順三
担当理事
岡田 俊
委員
宇佐美政英、齊藤卓弥、辻井農亜、根來秀樹、藤田純一

2.活動内容

本委員会は児童・青年期精神科臨床において行われている薬物療法について、その現状や問題点を把握し、適切な情報提供や関係当局への働きかけを通じて児童・青年およびその家族に貢献することを目的としている。

◆大うつ病性障害の小児に対する新規抗うつ薬の投与にかかる添付文書改訂に対する見解(2013/3/29)

◆児童・青年期における向精神薬の併用に関する注意喚起(2012/11/12)

◆広汎性発達障害の併存症状に対する非定型抗精神病薬の適応拡大に関する見解(2011/7/27)(PDF

◆平成20-21年度 「児童・青年期患者におけるSSRIおよびSNRIの安全性に関する学会主導型調査」