代表理事挨拶

 本学会は1960年の設立以来、60年以上の歴史を持ちます。会員数も4,300名を超え、児童青年期のこころの問題や精神保健を扱う領域としては日本で最も大きな規模の学会であり、精神医学領域の学会の中でも日本精神神経学会に次いで大きな学会です。本学会の特徴は多職種が集うことです。学会設立当初より児童精神医学においてはチーム医療に重きを置き、医療、心理、保健、福祉、教育の領域が連携することにより臨床が成り立つと考えられています。そのような観点から本学会員は様々な職種が一堂に会し、学際的に協力・活動している団体であり、最も早くから多職種協働を重んじてきた学会であると自負しています。
 本学会が直面している重要な課題の一つに専門医制度の確立があります。本学会は日本思春期青年期精神医学会、日本小児心身医学会、日本小児精神神経学会と協力してこの4学会で一般社団法人子どものこころ専門医機構を設立しました。そして日本専門医機構における基本領域の日本精神神経学会と日本小児科学会の上のサブスペシャルティとして「子どものこころ専門医」を確立すべく取り組んでいます。児童青年期精神医学臨床を真摯に行っている医療者が国民から信頼され、国民は安心して医療を受けられ、医療者も誇りをもって医療を行えるためには「子どものこころ専門医」制度の確立が必要不可欠です。さらに一定以上の水準を保つ専門医となるべく教育、研修、資格、指導体制の一層の充実に取り組んでいるところです。
 さらに「子どものこころ専門医」として働くためには、その経済的基盤は重要です。子どものこころの問題に関しての診療ニーズは高く、クリニックによっては診療提供が追いつかず、数か月待ちのところもありますが、勤務医では児童青年期精神科医として常勤で働ける場所は意外と少なく、多くは非常勤としての職場です。これは子どもを診療する場合に時間がかかる割には保険点数が制限されていることもあり、今後「子どものこころ専門医」として誇りをもって働くためには経済的問題は重要な課題であり、積極的に国に働きかけていく必要があります。
 臨床研究を適正に行うための臨床研究倫理審査の確立と会員への周知を実施しており、理事、代議員、委員会委員を中心とした利益相反の開示を行っています。特に本学会は子どもを対象に臨床・研究を行っていますので、他の領域以上に厳しい倫理的な配慮や姿勢が求められます。
 また、国内では毎年のように災害があり、最近はコロナ禍において子どものこころの問題が起こっています。その他にも本学会が直面している課題は非常に多くあり、理事会や各種委員会が中心となって活動しています。
 本学会は児童青年のこころの問題と精神保健に専門的な立場から真摯に取り組み、様々な職種と連携しながら子どもたちのために貢献できるように日々努力しております。本学会の理念と活動にご理解頂けますようによろしくお願いいたします。

一般社団法人日本児童青年精神医学会代表理事
飯田順三