総会における倫理的配慮に関する指針

倫理的配慮への指針

参加・発表される皆さまへ

平成23年5月 作成
平成24年4月 改訂
平成27年4月 改訂
平成28年3月 改訂

総会における倫理的配慮に関する指針
一般社団法人日本児童青年精神医学会 倫理委員会

はじめに
第49回広島総会で倫理要綱が採択され、その後、それに基づき学会の演題発表について倫理的配慮を会員に求めて参りました。年々、会員のこうした課題についての意識は向上しておりますが、抄録や演題発表に関しては以下のような倫理上の問題についてご配慮をお願いいたします。

(抄録や演題発表に関する配慮)
・症例報告では、本人や代諾者の同意を得る必要性があります。
・症例報告の際には匿名性への配慮を十分に行った上で発表して下さい。
・抄録の中には、その内容に応じた倫理的な配慮の記載が必要です。
・介入研究や疫学研究は所属機関の倫理委員会の承認が必要です。当該倫理委員会が承認した事項に従って研究を実施して下さい。
・ 未承認(適用外)薬剤や禁忌薬剤の使用に際しての「説明と同意」に関して記載が必要です。
・ 利益相反に関する記載が必要です。

(総会開催時の問題)
・会場で講演や演題発表の内容を写真やビデオで撮影することは、個人情報の流出や発表者の知的所有権の確保といった問題があります。本学会の教育講演などでは子どもの映像を使用するものもあり、本人・家族に使用の許可を得ていても、子どもにとって不利益な事態を生じさせる可能性があります。映像がインターネットなどに流出しないように写真やビデオ撮影は禁じられています。

本学会は医師のみではなく、教育・司法・福祉などさまざまな職種から構成されているため、研究種別の分類方法や倫理的配慮についての捉え方が、職種や所属する機関によって若干異なっています。本学会としては、一定の基準に基づき倫理上の共通認識を形成していく必要があると考えており、この「総会における倫理的配慮に関する指針」を策定しております。総会に参加される会員は、この指針に沿っていただくようお願いします。

※ 代諾者について
臨床研究に関する倫理指針によれば、代諾者とは「被験者の意思及び利益を代弁できると考えられる者であって、当該被験者にインフォームド・コンセントを与える能力のない場合に、当該被験者の代わりに、研究者等に対してインフォームド・コンセントを与える者」をいいます。この指針における「代諾者等からインフォームド・コンセントを受ける手続」によれば、「研究責任者は、一般的には、被験者の家族構成や置かれている状況等を勘案して、以下に定める者の中から被験者の意思及び利益を代弁できると考えられる者を選定することを基本とし、臨床研究計画書に代諾者等の選定方針を記載しなければならない。なお、被験者の家族構成や置かれている状況等とは、被験者と代諾者等の生活の実質や精神的共同関係からみて、被験者の最善の利益を図ることが可能な状況をいうものである。 イ 当該被験者の法定代理人であって、被験者の意思及び利益を代弁できると考えられる者 ロ 被験者の配偶者、成人の子、父母、成人の兄弟姉妹若しくは孫、祖父母、同居の親族又はそれらの近親者に準ずると考えられる者」と定められています。
また薬剤等の治験における代諾者とは「被験者の親権を行う者、配偶者、後見人その他これに準じる者」(GCP省令)で、「その他これに準じるもの」とは「親権者、配偶者、後見人に準じる者で、両者の生活の実質や精神的共同関係から見て
被験者の最善の利益を図りうる者」(薬務局長通知(平成9年3月27 日薬発第430 号)Ⅱ.1.(2)オ による)とされています。

*なお、この指針は学会員、総会事務局、プログラム委員会などからの意見をいただきながら、倫理委員会で検討し、状況にあわせて改変していく予定です。

「総会における倫理的配慮に関する指針」にしたがって下さい。